スポンサードリンク

2007年08月27日

最高の片思い 友人談

これは友人の最高の片思いです。

切ない片思いで終わった私の初恋のお話です。・・・それは中学一年生の時でした。片思いのお相手は同級生のA君。 他の男子生徒なんかは仲良く遊べるのに、肝心のA君がいると意識し過ぎてダメなんですよねぇ。そんな感じで日々は過ぎて行きましたね。 好きで好きで仕方ないのに、A君を前にすると私は別人のように大人しくなってしまうのです。片思いの苦しさでしょうかね。


その友達はA君とも仲が良くて、その上にクラスの人気者でした。私なんかがライバルになるには絶対に無理って感じでした。 そして友達はA君に告白。そしてめでたく2人はカップルに。私の片思いを知らない彼女に私が言えた言葉は「良かったね!」って事でしたよ。 あー、私の初恋は片思いにて幕を下ろしてしまいました。でも誰かに恋をするって気持ち、初めて知りました。

恋は終わってしまったけど、私の学校生活はA君という存在のお陰でとても楽しかったです。学校に行けば彼に会える、そんな気持ちでした。 本当に毎日学校へ行くのが楽しみだったあの頃。残念ながら片思いで終わったけど、私にとってその思い出は今も心の中で輝き続けているのです。 私も今は結婚して子供も産まれました。男の子でした。名前の一字には片思いだったA君の漢字が使われている事は私だけの秘密なのですけどね。
ラベル:最高の片思い
posted by akke at 03:08 | TrackBack(0) | 最高の片思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

欲しい商品を探すならこちらからどうぞ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。